[記事公開日]2015/09/28

googleアナリティクスの「サイト運営者」の項目について

googleアナリティクスに「サイト運営者」という項目が追加されました。

この項目について、解説します。

アナリティクスに「サイト運営者」が追加

2015年8月中旬頃、googleアナリティクスの画面に「サイト運営者」という項目が追加されました。

タイトル名では、何を分析する項目なのかわかりませんね。

実は、こちらはこれまで「AdSense」という項目名でした。

古い情報が残ったままのブログなどでは、アドセンスの分析方法を紹介するときに

「レポート」 → 「行動」 → 「AdSense」

からデータを見るように解説しているものが多いです。

現在は、

「レポート」 → 「行動」 → 「サイト運営者」

の順で、アドセンス関連のデータを見られるので、調べ物をするときは置き換えて読んでくださいね。

「サイト運営者」の項目

サイト運営者に含まれる項目について解説します。

「レポート」 → 「行動」 → 「サイト運営者」と進むと

・概要
・サイト運営者のページ
・サイト運営者の参照URL

の3つが表示されます。

サイト運営者の項目

概要

概要のページでは、各種データを一覧で見ることができます。

画面左上の部分を「合計」から「AdSense」に変更しましょう。

合計とAdSenseの切り替え

これで、アドセンス広告に絞って、広告のクリック率などを見られるようになります。

概要で見ることのできるデータは、

・AdSense のインプレッション
・AdSense の一致率
・AdSense のページ表示回数
・AdSense のインプレッション / セッション
・AdSense の視認可能インプレッションの割合(%)
・クリックされた AdSense 広告
・AdSense クリック率
・AdSense の収益
・AdSense の収益/ 1000 セッション
・AdSense 有効 CPM

の10項目と、

収入の多い上位10ページまでの

・AdSenseの収益
・AdSense の収益(%)

です。

サイト運営者概要画面

画面右下の「レポート全体を見る」をクリックすることで、「サイト運営者のページ」に移動できます。

レポート全体を見る

サイト運営者のページ

サイト運営者のページでは、概要で見ることのできた各種項目を、詳細に分析できます。

まず、画面右下の「表示する行数」を、あなたのサイトのページ数に合わせて変更しておきましょう。

表示行数の設定

これで、サイト内のすべてのページについてデータが見られるようになりました。

あとは、それぞれの項目名をクリックすることで、それぞれのデータを昇順・降順で見られるようになります。

画像の赤枠の部分です。

サイト運営者の項目

一番よく使うのは、「AdSenseクリック率」です。

クリック率の高いページヘの内部リンクを増やしたり、

クリック率の低いページは広告の配置を変更するなど、

いろいろな対策が考えられます。

サイト運営者の参照URL

サイト運営者の参照URLのページでは、参照URLごとのクリック率などのデータを見ることができます。

今回の記事は問題解決のお役に立ったでしょうか?

もし、ご感想や、記事を読んでもわからないことがありましたら、下記のフォームからお伝え下さい。

初歩的なことでも構いません。

あなたの質問が、これからこの記事を読む方にとっても役に立つはずです。

コメントして頂ければ気づき次第、すぐに回答いたします。

サブコンテンツ

TOPへ